ライフティの金利手数料はどれくらい?

ライフティは中堅の消費者金融業者ですが、オリジナルのサービスがいろいろ展開されていて人気の業者です。

 

ポイントサービスは貯めやすく、借入や返済のみならずゲームなどでも貯まるとあり、楽しみながらポイントの積算が可能です。また35日間の無利息サービスも展開するなど大手消費者金融顔負けのサービスがあります。
さらに金融ブラックの人にも柔軟に審査に対応してくれるということもあり、人気の高まっている業者です。

 

さてそんなライフティですが、実際の借入や返済に関する手数料はどんな感じでしょうか?

 

まず金利手数料から見てみましょう。金利の実質年利は8.0%〜20.0%となっています。
これは正直安い金利とは言えません。
大手の業者の中には下限金利が3%とか4%に近い数字で提供しているところがあります。

 

また上限金利でいっても、多くのところが18%になっているので20%は高めの設定です。ただしこの20%というのは、あくまで借入限度額が10万円を下回るユーザーの場合です。
もし限度額設定が10万円以上であれば上限金利は18%となるので、よほど少額の利用額しか設定してもらえなかった場合を除いてはあまり気にしなくても良いと言えます。

 

またこの金利は利用実績などによって後々引き下げてもらう事も可能です。
100万円を超える利用限度額にもなれば、利息制限法の関係上最大でも15%の上限金利となります。
この場合100万円以上借りて、も20万円しか借りなくても、15%の上限金利となります。

 

ですから金利に関しては利用していって変動してくるものと考えましょう。
残念ながら通常は、新規の人の場合は上限金利が設定されると思っていた方が良いでしょう(18%か20%)。
返済実績などもまだないからです。
延滞などを起こさずコンスタントな利用をしていればだんだんと有利な貸付条件を期待できます。

 

 

借入や振込に関する手数料

ライフティでは初回の融資を振込にて行ってもらえることがあります。
基本はカードが郵送されて初めて利用が可能ですが、当日の13時までに手続きを終えれば即日融資ということも時々はあります。この場合振込手数料は無料です。

 

しかし一般的にはカードでの取引となるため、セブン銀行ATMでの取引手数料がかかってしまいます。
借入でも返済でも、1万円以下の額であれば108円の手数料、1万円を超えるとなると216円の手数料となります。

 

また返済はカード以外でも銀行振り込みを利用することが可能ですが、この振込手数料もユーザーの負担となるので注意しましょう。なお振込手数料が無料になるネットバンキングを使えば無料にすることも可能です。

更新履歴